セキュリティとゴルフ事業

ドローンとセキュリティ

1995年頃、まだインターネットが普及していない時代から、弊社はテレビ電話をセキュリティに活用するなどITを利用した遠隔管理システムに注力していました。AIBOが街を見回ったり、バルーンに取り付けたカメラが空中を移動しながら監視するといった、そんな近未来を思い描いていたのです。
その思いがぐっと現実味を帯びる1つのきっかけがドローンの登場でした。遠隔で自由に機体を操作でき、人がいけない場所に行って俯瞰の視野が手に入る。まるで空飛ぶAIBOではありませんか。このドローンを使って何か面白いことができないかと考えた時に、ゴルフと組み合わせることを思いつきました。ドローンが広大なコース上空を飛びながら異常がないかを確認したり、キャディの代わりにボールを探したりできたら、時間や人件費の節約につながります。このアイディアは2018年の大分商工会議所主催による合同プレス発表会でお話しさせていただき、ドローンとセキュリティ、そしてゴルフを組み合わせたビジネスモデルとしてご紹介しました。

ゴルフと無人化営業

次の大きなきっかけは、2018年6月に東京で行われた「賃貸住宅フェア」です。
ゴルフシミュレーターのメーカーが、空き店舗の有効活用として24時間使える屋内ゴルフ場のプレゼンをしていました。このメーカーは実際に24時間無人営業の室内ゴルフ場も直営していましたが、確認したところセキュリティと人件費がネックとなって営業が頓挫していました。この話を聞いた時、弊社ならできると思いました。弊社の得意分野でもあるネットワークカメラや入退室管理といったノウハウを生かして解決できると思ったのです。
同年12月、商工会議所主催のニュービジネス展示会において「無人化営業」についての発表をしたあと、これを実現する形で株式会社クリエイドが経営する24時間完全無人営業の室内ゴルフ練習場「Fungol24」にセキュリティシステムやカメラ、ゴルフシミュレーターを納品して立ち上げをお手伝いをしました。

まちなかゴルフOITA

2020年9月29日、弊社は「まちなかゴルフOITA」を中央町にプレオープンいたしました。
「まちゴル」には様々な最新技術を導入しており、シミュレーションゴルフを通してセキュリティシステムや遠隔管理、IoT、AI、VR、eスポーツなどを体験することができます。また、「まちゴル」は完全無人化営業ではなく、時間帯に応じて有人対応、リモート対応、無人対応と変化していく「省人化経営」を実施しています。リモート対応ではzoomやスマートディスプレイ、ネットワークカメラを用いて対応します。早朝や夜間は会員様がICカードや顔認証技術などで入退室できる無人対応になります。

まちゴルが目指すもの

「まちなかゴルフOITA」はその名の通り、街の中心地で大分駅の目の前にあります。近隣の店舗とも協力しあってイベントを企画し、中心市街地の活性化にも尽力したいと思っています。
また、子どもさんや年配の方でも楽しめる「SNAGゴルフ」やパターシミュレーターなども準備して、生涯スポーツの振興や世代間コミュニケーションの促進にも貢献していきたいと考えております。
一方、2019年に箱根で「ブラインドゴルフ世界大会」を見学する機会に恵まれました。以前から障がい者スポーツ支援にも取り組んできましたので、ゴルフをベースにITの力でより一層お役に立ちたいと考えています。

IT技術がより身近に、加速度的に日常生活に浸透しつつある今日、1995年頃に私たちが思い描いていた世界が、ゴルフを通じて現実に近づいています。