勉強堂 セキュリティ事業部

安全は「予防」こそが重要です。

私たちは、全国にステーションを持つセキュリティハウスグループの一員です

安心・安全を「人任せにしない」「自分で守る」時代の自主機械警備システム。侵入防止・犯罪予防効果により、被害にあわない安心システムをご提供します。

被害にあわないために、抑止(予防)を最重視したセキュリティシステム、それが自主機械警備です。防犯カメラだけでなく、センサーやライト、防犯ステッカーなどで「見せる防犯」を構築。犯罪者の心理に抑止をかけます。また、侵入を試みようとするとセンサーが感知。音や光で威嚇・撃退し、被害を最小限に抑えます。外出時ならメールや電話で異常を知らせることもできます。

防犯カメラシステム

最も犯罪抑止効果が高い防犯カメラ。最近ではコンビニや銀行などの店舗以外にも、街角で見かけることも珍しくなくなりました。カメラはここ数年で大きく進化し、とりわけフルHDなど解像度の面で鮮明な画像を捉えるカメラがたくさん登場しています。また、ネットワークカメラの登場で利便性が大きく強化されています。

私たちがご提案する防犯カメラシステムは「入られたら」より「入らせない」を主題にした外周警備です。予防することこそ安全を確保する重要なキーワードであると考えています。

私たちは、お客様お一人お一人のご都合に合わせて柔軟なセキュリティシステムをご提案しています。ここでは、防犯カメラシステムで使われる代表的な機材をご案内いたします。

セキュリティキーパー

「警戒中」の文字を煌々と照らし、不審者にセキュリティシステムを導入していることを知らせます。また、非常時には警報を鳴らし、不審者を撃退します。

防犯監視カメラ

建物の周囲に死角を作らないようにカメラを設置します。また、設置環境に適したカメラを取り付けことで、可能な限り鮮明な映像を捉えます。

ネットワークレコーダ

それまでの録画装置と異なり、ネットワークレコーダはカメラと切り離して設置できるようになり、録画データの保全に大きく貢献しています。

各種センサー

センサーは門や塀など外周警備の最も外側で警戒するだけでなく、敷地内および室内の各箇所にも設置し、不審者が近づくと音や光で威嚇・撃退します。

このページの先頭へ戻る

HOMEへ戻る

遠隔管理システム

  • 忙しくてすべての現場を見て回る時間がない
  • 現場から問題発生の連絡があったが電話では状況がよく分からない
  • 自分の時間をもっと増やして余裕のある人生を送りたい

遠隔管理システム「i-NEXT」は、そんな多忙なオーナー様向けのソリューションです。i-NEXTの操作性、安全性、拡張性は高く評価され、類似システムの中で唯一特許を取得しています。(特許No.5627092号)

i-NEXTの主な特長

■いつでも、どこでも

ネットがつながるところなら、たとえ地球の裏側にいてもすぐにライブ映像を確認、現場のスタッフに指示を出すことができます。

■鮮明な映像

i-NEXTで使われるカメラは驚くほど高画質です。光学ズームを採用し、デジタルカメラのようなブロックノイズがありません。

■プリセットで一発呼び出し

カメラ1台あたり20箇所までプリセット登録が可能です。タップするだけですぐにその場所にカメラを向けます。

■カスタマイズ

ボタンの色や配列をカスタマイズできます。テンプレートからダウンロードして、ボタンを色でグループ分けしたり、画面のレイアウトを変更できます。

このページの先頭へ戻る

HOMEへ戻る

労務管理システム

働き方改革によって変わる職場

「働き方改革」の最終目的は、人口減少に歯止めをかけることです。子供を安心して産み育てる環境を作り出すことなのです。少子化対策のために長時間労働の是正をすることが「働き方改革」には必要となってきます。

働き方改革を実施する上で労働時間の把握が義務化されます。使用者が講ずべき措置として、タイムカードやICカード、PC使用時間の記録などを使って適切に把握することが必要です。

労務管理+セキュリティ=超防犯

私たちは、自主機械警備システム「NEXT」と遠隔管理システム「i-NEXT」を組み合わせることで労務管理とセキュリティを一括して扱う「超防犯」をご提案します。超防犯は、残業の削減、クレーム対策、遠隔指示効率向上、組織の活性化など、幅広い方面を効率よくカバーでき、働き方改革に大きく貢献します。ここでは、労務管理をサポートする超防犯の主な機能をご案内します。

セキュリネット

職場の最終退出者が警備モードを有効にした際にメールで管理者に通知、職場の警備状態を把握できます。また、設定した時間になっても警備モードに入らなかった場合も管理者に通知します。

入退室管理

スタッフがそれぞれ非接触ICカードを鍵代わりに使うことで、誰がいつ入室したか、いつ退出したかを記録します。高い機密性や厳しい品質管理が求められる部屋では必須のシステムです。

このページの先頭へ戻る

HOMEへ戻る

お気軽にご相談・お問い合わせください

勉強堂に電話をかける